スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

セッティングチェンジ!

スノーボードを始めたのが1995年-1996年シーズン。

ボビッシュに入ったのが1998-1999年シーズンから。

このときから現在まで、前足5mmトゥーアップ、後ろ足が15mmヒールアップで両足ともカントなし

というセッティングはかわっていませんでした。

角度は、前足57?54度の間、後ろ足が57?48度の間でいろいろと変わりましたが、

現在は前足55度、後ろ足が50度におちついています。

 

最近なかなか上手く滑ることができないので、何かいいきっかけがないかと

思って、いろいろとスノーボードやスキー関連の書籍や雑誌を探していたときに、

本屋さんで「もっとカッコよく滑る!スノーボード上達のコツ50」という本を見つけたので

ページを開いたら、結構わかりやすく、いろいろなコツが載っていたので

早速購入。監修者の出口超さん(雑誌Carveでも記事を書いてます)のホームページを

覗いてみたら、セッティング診療所というものをやっていることを発見。

自分の滑りが少しでもいい方向にいけばいいなと思いセッティング診断を受けることに。

というわけで、今日は白馬47に行ってきました。

 

予約した時間が12時30分からなので、それまではひたすらフリーラン。

気温は高かったのですが、意外とゲレンデは締まっていて、ルート1は、氷が顔をだして

いる状態。さすがに昼ごろには、緩んできましたが、それでもシャビシャビといった感じでは

なかったですね?。気温のわりには、春スキーといったイメージは、ない状態でした。

 

12時30からは、セッティング診断開始。

滑っている様子を出口さんがビデオを撮りながらチェックして

セッティングを出していくといった方法。

まずは、前後方向のセッティングを出し、次に、横方向のセッティングを出し、

最後にブーツの前傾等をいれるといった流れで進んでいきました。

 

セッティングを変えた後は、変える前と比べるとかなり安定感が増した感じがしましたね?。

変える前は、バックトサイドからフロントサイドに切り替えるときに、体だけがターンの内側に

入っているけど、板はたっていない状態だったのが、セッティングを変えたあとは、

自然に切り替えた直後くらいからエッジで雪面を捕らえることが出来るようになりました。

ボードを始めて以来、初めて緩斜面で自然な感じ(内倒しないで)でバックサイド側の

ハンドスライドができたのは、ちょっと感動しましたね?。

これが、タイムにつながるといいですね。

 

ビデオでその場で自分の滑りを確認することができるので、セッティングの効果が

すぐにわかるのはいいですね。

 

    セッティング変更前       ⇒ 変更後

前足 5mmトゥーアップ/カント無し     15mmトゥーアップ/カント3度

後足 15mmヒールアップ/カント無し    カント/リフト無し

 

 

 

1枚目:白馬

 

2枚目:白馬五竜。

 

3枚目:47のルート1のスタート位置からとりました。

 

4枚目:少し下って見晴らしのいい場所でパチリ。

 

5枚目:天気予報では、降水確率60%だったのでちょっと心配していましたが

    ガスが出ることもなく、天気もよかったですね。

 

6枚目:アイちゃん。

 

7枚目:ジェニーちゃん。

 

8枚目:アイちゃん&ジェニーちゃん。

スポンサーサイト

2009/03/08 23:54 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。