スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

車坂峠ヒルクライムに参加しました!

先週の5月13日の日曜日に長野県小諸市で開催された車坂峠ヒルクライムに参加しました。
ヒルクライムの大会に参加するのは、去年の10月の「ツールド群馬 上野村ヒルクライム」に参加したとき以来2度目になりますね。

車坂峠は、長野県のasama2000parkスキー場にアクセスするチェリーパークラインにあります。
asama2000parkは、5年くらいホームゲレンデにしたので車では何十回も登っているし、特別な思い入れがありますね。
自転車競技を始める前から知っている大会だったので、自転車を初めてから、ずっとこの大会で走ることを目標にして、1年間トレーニングをつんできました。

コースは天池公民館から高峰高原ホテルまでの12km。
標高差1005.3m,平均勾配も8.3%とかなりきついコースです。

受付が7時30からなので、3時半に起床してワン達のお散歩&ご飯を済ませたあとに4時30頃に日立の自宅を出発。
会場には、7時頃に到着することができました。やっぱり北関東自動車道が開通した事で、長野県までのアクセスがホントに楽になりましたね。料金のETC割引で2500円程。冬シーズンもずいぶんと恩恵にあずかりましたね~。

朝の気温は4℃。ここのところの夏日の気候に慣れていたせいもあってとても寒く感じました。
冬用のジャージを持ってきて正解でした。

去年の6月と7月にこのコースを試走したときのタイムは1時間12分50秒と1時間11分51秒。⇒初チャレンジ2度目のチャレンジ

試走した時の自転車、アンカーRCS5でクランクがコンパクトクランクでしたが、今回使用した自転車はリドレーダモクレスISPでクランクも52T-39Tのノーマルクランク。
最後までちゃんと走れるのか不安だったので、リアのスプロケットを12-25Tから12-27Tに交換してレースに臨みました。

年代別にグループに分けれて、順次スタート。
自分のカテゴリーはロードレーサー男子C(40代)。221名エントリーと全カテゴリーの中でも一番参加人数が多いクラス。

スタート直後はやや斜度が緩やかなので、ここはスピードにのって少しでも前の方へ。
1.5km程走ったあたりからだんだんと傾斜がきつくなり、一気にペースダウン。
傾斜が緩いところは、がんばってスピードを上げて、傾斜きついところはダンシング(いわゆるたちこぎ)を入れながら、ひたすらゴールを目指して登りました。
ゴールまで残り300mくらいのところで、サイクルコンピューターの表示を切り替えて、現在の走行タイムを確認したら、58分くらい。このままでは目標の1時間以内にゴールできるかどうかだったので、気力をふりしぼってラストスパート。
無事に目標の1時間をきることができました~。といっても2秒程ですが。
でも59分台と1時間台とではやっぱり気分が違いますね。

ゴール地点では、トン汁やバナナ、コーヒーがサービスでふるまわれていました。
流石にホテルのコーヒーだけあって美味しかったですね~。
他にホテルのクロワッサンも販売されていましたが、これがまた美味しかったので、思わずもう2つ追加で購入してしまいました。

トン汁も具だくさんで食べ応えがあり、これだけでもお腹いっぱいになりました。

天気もいいこともあって、ゴール地点からの景観はすばらしく富士山や八ヶ岳、中央アルプスを一望に見ることができました。

ただ残念だっだのが、朝バタバタしていたせいか、デジカメを忘れてしまった事でしたね
のんびりとゴール地点の高峰高原ホテルで過ごしたあとは、係員の指示に従って下山。
ひたすら急こう配の下りを集団でスローペースで降りて行くので、とにかくブレーキを持つ手がつらかったですね。
下山後はお楽しみのランチパーティ。
受付時に配られた800円分の金券でお買い物ができるのですが、ラーメンや焼きそばは300円だし、無料サービスのミネストローネスープもふるまわれたので、800円分を使いきる前にお腹いっぱいになってしまいました~。
このまま使わないのももったいないので、帰りの車で食べる分のパンと飲み物を購入。
このパンは米粉から作られたものなのですが、これもまたとても美味しかったです。

車坂峠ヒルクライムは、コースはきついけど、また来年も参加したいなと思いました。


1枚目:朝の気温は4℃
20120517

2枚目:受付の様子
20120517

3枚目:開会式
20120517

4枚目:スタートに並ぶ選手たち。スタートする頃には気温はけっこう暖かくなりました。
20120517

5枚目:ゴール地点ではトン汁がふるまわれました。
20120517

6枚目~7枚目:ホテルのテラス席から見た景観
20120517

20120517

8枚目:日本かもしかのはく製
20120517

9枚目:それぞれに決戦仕様の自転車達。
20120517

10枚目:眼下に広がるのは小諸市
20120517

11枚目:私の自転車。車重は7.1kg.
先週のモテギエンデューロのときからはスプロケットがかわったくらいですね。
今回は予算の都合で105のスプロケにしましたが、DuraAceをつけると60gほど軽くなります。
20120517

12枚目:石版に描かれている山の説明を見ながら目の前に広がる風景をチェック
20120517

13枚目:山をバックに自転車をパチリ
20120517

14枚目~15枚目:地域の特産グルメのコもロッケ。
    HPをみるとコもロッケの定義は以下のようですね
1. 小諸市御牧ヶ原産「白土馬鈴薯」を使用
2. 国産の牛肉または豚肉をまく(できれば長野県産が好ましい)
20120517

20120517

16枚目:ランチパーティ限定で使用できる800円分の金券。
20120517

17枚目:コもロッケの次は米粉パン
20120517

18枚目:そしてドリンク
20120517

19枚目:パンはイチゴ味とりんご味のパンを買いました
20120517

20枚目~21枚目:無料でふるまわれた野菜たっぷりのミネストローネスープ
20120517

20120517

22枚目:タイムは59分58秒。総合順位は653名エントリー中214位、カテゴリー別では221名エントリー中72位。
    ともに上位3分の1以内には入ることができました。
20120517

23枚目~24枚目:シギー君&コレールちゃん。仲良く待て中~♫
20120517

20120517


ランキングに参加していま~す。
ポチポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村








2012/05/18 02:16 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。